任意整理のメリット・デメリットとは?=任意整理する前に必ず確認=

任意整理のメリット・デメリットとは?=任意整理する前に必ず確認=

任意整理のメリット・デメリットとは?=任意整理する前に必ず確認=

借金で行き詰った人を救うための法的手段として、債務整理という手続きが定められています。債務整理には4つの手続きが定められており、一般的に広く知られている自己破産もこの債務整理の手続きの一つです。
債務整理の手続きの中で、比較的利用しやすいのが任意整理です。任意整理は相手方の金融機関との話し合いにより、借金を減額する方法です。金利を利息制限法に基づいて引き直し計算することで、将来発生する利息の支払いをなくし、さらに過払い金が発生していれば、それを充当して元本を減らすなどの交渉をします。裁判所を介さないでおこなえる手続きですので、家族に知られたくないという人には非常に有効な方法です。
ただし任意整理にもデメリットがあります。もっとも大きなデメリットは、相手方の出方次第では交渉が成立しない可能性があることです。この手続きはあくまでも両者の合意を目指すものですので、相手方が応じなければ他の手段を選択せざるを得ないのです。また債務整理の他の手続きに比べると、借金を減額させる効果が少ないのもデメリットです。借金が帳消しになる自己破産や、かなりの減額が期待できる個人再生に比べると、やはり物足りなさを感じてしまいます。
このように任意整理にはメリット、デメリットの双方が存在しますが、もちろんこれは他の債務整理の手続きにも言えることです。大切なのは自分の状況に応じた手続きを選択することですので、まずは専門家の意見を聞くことから始めてみましょう。