任意整理した後にローンを組む方法~借金返済お助けマニュアル~

任意整理した後にローンを組む方法~借金返済お助けマニュアル~

任意整理した後にローンを組む方法~借金返済お助けマニュアル~

借りたお金はもちろん利息をつけて返さなくてはいけません。
しかし、リストラや病気や怪我などで、やむをえず借金返済が不能な状態に陥る方もこのご時世少なくありません。
この場合どうするかというと、放っておけば利息がどんどん膨れ上がるだけですから、債務整理の手続きを取らなくてはいけません。
債務整理とは専門家の力を借りて、借金を減らしたり免除してもらうという手続きです。
自己破産すると全額免除になりますが、これをすると今ある家や車などの財産をすべて失うことになります。
これを残したまま利息をカットしてもらう手続きが任意整理であり、失いたくない不動産などがある一般人は任意整理を選択する方が多いですね。
弁護士や司法書士に依頼して債権者と交渉してもらい、利息をカットして元金だけを期限付きで返していくことになります。
さて無事に任意整理で利息をカットしてもらい、完済した後、ふたたび住宅や車のローンなどを組むことはできるのでしょうか。
これは、任意整理をした相手からは半永久的にできないと考えた方が良いでしょう。
信用情報からは5~7年くらいでブラック情報が消えるのですが、債務整理先の会社には永久にデータとして残ってしまうからです。
整理していないところからは、7年くらい我慢すればまたローンが組める可能性があります。
ただ、何らかの方法で任意整理者の情報が知れわたっていることもよくあるので、大手の金融で再びローンを組むことは生涯難しいかもしれません。